とりあえずの快気祝いを贈る場合にはどうしたらいいか

病気やけがで入院や仕事を休む場合に、周囲の人から心配していただいたり、お見舞いに来てもらったりしますよね。
快気祝いとは、読んで字のごとく、元気になってから、お世話になった人や心配していただいた人に、お返しとして品を贈るのが一般的ですが、もしも、入院が長期にわたるような場合だったり、自宅の療養が長引いて、まだ完全に復帰できない場合にはどうしたらいいのでしょうか。
長引く場合でも、とりあえず、お礼がしたいと考えますよね。
その場合には、封筒は水引は結び切りとして、表書きを御礼、または御見舞御礼とします。
そのようなのしをつけてお返しの品を贈るといいでしょう。
とりあえず、お礼がしたい、という気持ちが相手に伝わります。