退院してからも自宅で療養する場合の快気祝いは

入院しているときに、お見舞いや励ましのことばをかけに来てくれる人たちに快気祝いのお返しをするのがマナーですが、ときには、病気が長引いて、退院しても自宅療養中という場合もあります。
そのよう場合は、快気祝いを贈るタイミングも迷うところですよね。
こんなときは、とりあえず、退院した時のタイミングで、お見舞いのお礼と、自宅療養する旨のハガキをだすことで十分です。
快気祝い、お返しの品を贈るのは、全快してからでもかまいません。
まずは、心配をかけたことや、お見舞いに来てくれた人への感謝の気持ちをお礼として、ハガキで伝えることが大切ですね。
お返しの快気祝いは、すっかり元気になってから贈ることで十分です。
まずは元気になりましょう。